色紙の寄せ書きのマナーって?書き方とは?あまり関わりないがない場合は?

寄せ書き用の色紙とペン
桜が咲くこの時期は、出会いの季節であり、別れの季節でもあります。

お世話になった上司が異動になったりして寄せ書きを書く機会もあると思います。

また、同じ会社の一員としてさほど関わりのない人にも書かなければならない場面もありますよね。

そんな時、「なんて書いていいのか分からない」と困っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は寄せ書きの書き方などについてまとめてみました。

スポンサードリンク

色紙の寄せ書きのマナーって?

まず、寄せ書きの書き方の前に、注意しなければならないことを押さえておきましょう。

目上の方に寄せ書きをお願いする場合、そのまま色紙を渡そうとしていませんか?

そのままではなく、きちんと色紙より大きい封筒などに入れて渡すようにしてくださいね。

そうしなければ、その後書き込む人以外にも目に触れてしまったり、汚れたりしてしまう可能性があるからです。

ちょっとした気遣いですが、それをするかしないかで差が出ますよ。

また、色紙を回す順番に関してもマナーがあります。

目上の方からではなく、目下の人から順番に回すようにします。

目上の方から書いてしまうと、その上司の書いた言葉を他の人全員が見ることになります。

それはあまりよろしくありません。

目上を敬う意味でも、目下の人から順番に書くようにしましょう。

色紙の寄せ書きの書き方とは?

黒のボールペンを持つ指とペン先のアップ
色紙の寄せ書きを書く場合、「これまでのこと」を出だしに、「これからのこと」で締めるように書くと文章がまとまります。

スポンサードリンク

例えば、以下のような文章です。

・○○さん、○年間お世話になりました。新天地でのご活躍をお祈りしています。
・○○さん、今までお疲れさまでした。○○課でも頑張ってください。
この出だしと締めの間に、相手との印象的だったエピソードがあれば、積極的に盛り込みましょう。

ありきたりな文章だけでなく、その人との思い出が書いてある方が貰った側にとっても印象に残り、嬉しいですよね。

色紙の寄せ書き文例は?あまり関わりないがない場合は?

ペンを顎に当てて考えるスーツ姿の女性
上司の方が社内で異動になったものの、仕事のつながりもないし、ほとんど話もしたことがないから何を書いていいのか全く思いつかないという方は、相手のことを褒めるような言葉を取り入れてはいかがでしょうか。

褒められて嫌な気持ちになる人はいませんよね。

・○○さんの仕事がへ取り組む姿勢や考え方はとても勉強になりました。

また、あまり関わりがなかったことに対しての残念な思いを伝える方法もあります。

・もっと一緒にお話やお仕事がしたかったのに残念です。

上記の文例はあくまでも参考にして、自分なりにアレンジしてみてください。

まとめ

目上の方に寄せ書きを書く際は、特に言葉遣いや失礼がないかなどに気を使いますが、その他に大事なのは相手への思いを伝えるということです。

素直な気持ちを相手の失礼のないように言葉を選べば、きっと相手に伝わるはずです。

スポンサードリンク

コメント