貯金のコツ20代女性は?一人暮らしでもできる?通帳を活用する?

スポンサードリンク

通帳を持ってガッツポーズをする女性の様子
貯金をしたいと思っているけどなかなかできないというあなた。

どうすればお金を貯めることができるのか、貯金のコツをお教えします。

スポンサードリンク

貯金のコツ20代女性は?

20代の女性にとって貯金をすることは簡単なことではありません。

社会人になって間も無い20代の収入はそれほど多くないにも関わらず、お化粧品にファッションに美容にグルメにお金を必要とする場面は山ほどあるからです。

出費が増える一方で貯金は一向に増えない…と悩んでいる人は多いと思います。
そんな人はお給料をもらったら預金口座にそのままお金が入ったまま、使いたい時におろして使い、残りを貯金しようとしていませんか?

ズバリ貯金のコツは、お給料をもらったら先に貯金をすることです!

毎月お給料をもらったらすぐに決まった金額を別の口座に貯金します。
こうするだけで毎月決まった金額が貯金できて、気づけば大金が貯金できているという訳です。

貯金のコツ一人暮らしでもできる?

一人暮らしをしている女性にとって、貯金をすることは実家暮らしの人よりも困難なことだと思います。
しかし、一人暮らしでも実家暮らしでも貯金に関しては実はそんなに大きな違いはないとも言えます。

一人暮らしをしている人は家賃、食費、光熱費など全て自分で払わなければなりません。そうすると他に使えるお金は減ってしまい、貯金までお金がまわらないと考えると思います。

一方で、実家暮らしの人は家賃や食費、光熱費などのお金は払う必要はありませんが、たいていの場合はその代わりに家にお金を入れている人が多いようです。

一人暮らしの人が支払う家賃、食費、光熱費に比べたら少ない金額かもしれませんが、一人暮らしの人には家賃補助が出る場合があったり、寮などでそもそも家賃が低く設定されている場合もあるので、そう考えるとあまり変わらないのかもしれません。

逆に、一人暮らしの方が自分の給料を全部自分の物として管理しやすいという点では、貯金もしやすいかもしれないですね。

貯金のコツ通帳を上手く活用する方法は?

3冊の預金通帳と印鑑
先ほども述べたように、給料をもらったら決まった金額を先に貯金するとお金がたまりやすいのですが、その際に貯金通帳を上手く活用する方法があります。

まず貯金通帳を3口座作ります。

1つ目はお給料が支払われる口座です。
毎月お給料が支払われるたびに通帳記入されていきます。

2つ目の口座には貯金をしていきます。
振り込まれたお給料から毎月決まった金額を先におろしてこの2つ目の口座に入金して通帳に記入します。こうすると今ある貯金額が明確になります。

もう一つの口座はクレジットカードや公共料金の支払い用の口座です。
クレジットカードの支払いや公共料金の支払いなどは遅れて請求されるので、使えるお金の中から先に3つ目の口座に移動させておいて、使い過ぎるのを防ぐためです。
せっかく先に貯金をしていても、足りなくなってその貯金に手をつけてしまってはお金は貯まりません。

貯めた貯金に手をつけないようにするのも貯金のコツの大事な要素の一つなのです。

まとめ

預金通帳を持つ笑顔の女性の様子
以上のようなちょっとしたコツをつかめば貯金をすることはそんなに難しいことではありません。
計画的に貯金をしながら楽しい20代を送ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です