肩こりの原因はストレス?解消できる意外な方法とお風呂の温度

スポンサードリンク

肩に手を当てて疲れた表情をする女性の様子
肩こりの原因の多くが姿勢の悪さからだと思っていたのですが、意外にも肩こりの原因の3位にあげられているのが「ストレス」なんです。

ストレスと肩こりはどう繋がっているのでしょうか。

スポンサードリンク

肩こりの原因にストレスがあがるのはなぜ?

昔は子供には大人ほどストレスを抱えていないと言われていましたが、最近では子供も受験や友人関係、勉強などでストレスを感じる子供が増えてきています。

その子供が社会にでるとストレスも解放されると思いきや、人間関係や成績、締め切り、苦情、プレゼンなどで追い込まれストレスを感じる日常が増えています。

それと比例するように、肩こりを訴える学生や社会人も増えてきています。

ではなぜなのでしょうか?

私達はストレスを感じると交感神経が優位にたちます。

交感神経とは、身体や精神の興奮を司り、イライラしたり緊張したときに働く自律神経で血管を収縮させる働きがあります。

ストレスを感じるとストレスホルモンが多く分泌されるので、交感神経が優位な状態が長く続き、緊張状態が多くなります。

緊張状態が長く続くと筋肉が血管を圧迫し、血液が流れにくくなり筋肉が硬くなって肩こりが起こるということです。

肩こりがストレスからくるならどんな解消法があるの?

涙のプレートを持った悲しそうな表情の女性
肩こりの原因がストレスだと感じている人は、ストレスを和らげることが肩こりの解消になります。

自分に向いているストレス解消法を知っておくと、肩こりが酷くなる前に対処できるので肩こりの予防になります。

一番多い解消法は運動です。

運動するのを嫌いでない人は運動は苦にならないので解消にはなりますが、苦手な人は運動自体がストレスになってしまいます。

スポンサードリンク

そんな人は泣いてみるのがオススメです。

「え!?」と思うかもしれませんが、泣くとスッキリとした感じになりませんか?

それは涙にはストレスホルモンが多く含まれていて、泣くことで排出されストレスホルモンが減るので筋肉の緊張も下がり肩こりの解消になるのです。

要は、交感神経の興奮状態を、副交感神経のリラックスモードにすることが重要なのです。

学生の人はストレスを感じたときは友達とワイワイしたり、自分の趣味である本や漫画、ゲームなどをしてみるなどして、リラックスモードに切り替えてみてください。

自分がリラックスできる状態を確保する時間をつくることで、ストレスも少しずつ解消できるはずです。

肩こりにお風呂の温度はどのくらいがよい?

バスタブに入ってリラックスしている女性の様子
どうも自分の解消法がわからない人にオススメなのが「お風呂」です。

お風呂は必ず皆はいりますよね。

ここではリラックスできる入浴法を紹介します。

お風呂は、入浴するだけで身体に血液が巡って血行が良くなり、肩こり改善にはもってこいなんです。

じっくり身体の芯からほぐすには、長く浸かれる温めのお湯が最適です。

最適な温度は副交感神経を刺激し、リラックスが最も得られる39℃がオススメです。

しかし寒いと感じる人は、1℃~2℃ぐらいは高くしても構いませんが、基本的には長くゆっくり浸かれる温度が最適です。

自分の好きな香りや音楽を聴きながら入浴したら、リラックスできると思います。

私の家ではお風呂場でも音楽をかけながら入浴します。

子供は自分の好きな曲を選曲して、一緒に大声で歌いながらストレスを発散しているようです。

まとめ

私も長年肩こりをもっていますが、ストレスが原因と考えたことがありませんでした。

私の場合はストレスが溜まってきたら、運動をし、運動で解消できない場合は1人カラオケで思いっきり歌います。

誰にも気を使わなくてすむので凄くスッキリしてオススメです。

人それぞれストレスの解消法は違うので、自分にあったものを見つけストレスを解消して肩こりを和らげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です