花粉症の検査ってどんなことをするの?どこの病院がいいの?費用は?

スポンサードリンク

薬とアレルギーの検査結果用紙
花粉症の症状が出てるけど自分で花粉症だと認めたくないですよね。

昔こんなこと言いませんでしたか?
「花粉症と認めたら終わり」だと! 認めたら花粉症になってしまうと!

昔はそれほど花粉症を発症している人がいなかったので、こんな事を言っていたんだと思います。

しかし、花粉症だと自覚して早めの対策をした方がいいに決まっています。
今回は自分が花粉症かな?っと思った人の為に、病院でしてもらう花粉症の検査の内容を紹介したいと思います。

花粉症の検査ってどんなことをするの?

血液検査の注射器を持つ女性看護師
花粉症の人は花粉が体内に入ってくるとクシャミや鼻水で取除こうとします。
これは花粉を異物だとみなしたからです。
異物とみなした段階で抗体(IgE抗体)が作られ、再び花粉が侵入するとまた抗体が作られます。
抗体は少しずつ溜まりついに溢れてしまいます。
溢れるとヒスタミンなどの化学物質が分泌され、花粉を排出するためにクシャミや鼻水の症状がでるのです。

しかし人それぞれ異物と思う花粉が違うので、しっかり花粉の種類を知っておく必要があります。
その為に血液検査が必要となります。
血液検査では花粉のアレルギーだけではなく食品や動物、ハウスダストまで調べることができます。

血液検査をすることで、どの花粉に対する抗体が高いかわかり、薬の量や期間などの治療方法が決められます。
血液検査の他にも鼻汁検査といい、鼻の中に綿棒を入れ鼻水の中の好酸球という細胞の数を数え判定する方法もあります(これは耳鼻科での検査が多いです)

スポンサードリンク

花粉症の検査はどこの病院でしてもらうのがいいの?

腕組みをして考えるマスク姿の女性
花粉症の検査は主に血液検査でする場合が多いので、花粉症かな?風邪かな?ぐらいのレベルならかかりつけの内科で大丈夫です。

しかし、症状が確実にわかっている場合は専門医に観てもらうほうがよいです。
症状別に紹介しますね。

・クシャミや鼻水が酷い場合
 耳鼻科を受診して問診&検査をしてもらってください。

・のどの痒みや咳などの症状がある場合
 耳鼻咽喉科がオススメです。

・目の痒みや涙が出る場合
 眼科を受診してみてください。

しかし、眼科では花粉症だとわかったとしても、検査はしてくれるところは少ないので、キチンと花粉を限定したい場合は検査のできる病院を受診してください。

花粉症の検査の費用はどのくらいかかるの?

上記で紹介した検査も含め、改めて一般的な検査の費用を紹介したいと思います。

  • 血液検査
    血液検査では花粉症以外にも色んなアレルギーが調べられます。
    私も子供のアレルギー検査をしてもらったことがあるのですが、アレルギーの種類は凄く多く全てのアレルギーを調べてもらうとなると大変な金額になるので、私の場合は先生に任せ保険適用内で調べてもらいました。

    一般的に、5000円前後の金額で調べられます。

  • 鼻汁検査
    費用は一般的には3000円前後です。
    血液検査とは違い、その日に結果がわかります。

  • パッチテスト
    皮膚に傷をつけアレルギーの液体をおいて行う検査で、4000円前後の費用がかかります。
    鼻汁検査と同様にその場で検査結果がわかるのですが、その部分に痒みが起こるというデメリットがあります。

まとめ

自分がどの花粉に反応するのか知っておくのは、これからの治療にも役立つので検査はしたほうがいいと思います。
私の子供も血液検査でアレルギーを確定してもらいましたが、注意する花粉も認識でき、治療にも役立てることができました。

自分が花粉症かな?って疑った時は、検査をして早めに対策をするのをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です