日焼け止め肌荒れしない選び方と成分の見かたは?落とし方は?

スポンサードリンク

窓辺で頬に手を当てる女性の様子
晴れて暖かい日が続くと気になるのが「紫外線」。

対策として日焼け止めが有名ですが
「実は肌に悪いのでは?」
「日焼け止めを使って肌が荒れた事があるから塗りたくないな・・」
なんて思っていませんか?

それ、選び方が原因かもしれません。

肌荒れしないための日焼け止めの選び方と塗った後の落とし方についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

日焼け止めで肌荒れしない選び方は?

まず、日焼け止めには顔用と身体用があります。
顔用の方が低刺激で作られているので、顔用を身体に使うのは問題ないですが、その逆は止めましょう。

日焼け止めに必ず記載されているSPFとPAってなんだろう?
「とりあえずSPFも効果が1番高いやつを使えばOK!」と思いがちですが、紫外線への効果が高いとそれだけ乾燥し、肌に与える負担が大きくなるので注意が必要です。

・SPFとは
 時間に対して紫外線による日焼けや炎症を防ぐ効果で、最高値が50+
・PAとは
 肌を老化させる紫外線を防ぐ効果で、最高値がPA++++

行く場所や紫外線を浴びる時間によって使い分ける事が大切です。

・普段用・・・SPF20前後 PA++
・海や山など・・・SPF50か50+ PA+++

これぐらいが目安なのですが、最近は薬局へ行くとSPF50の日焼け止めが主流になっています。

SPF20の場合は、日焼け止めの効果を得るためにかなりの量を使って厚塗りしなければなりません。できるだけ塗り直したり厚塗りすることなく、普段のメイクと同じ感覚の量で効果を得られるように、SPF50の日焼け止めが多くなっているんです。

こまめに塗り直しが出来るならSPF20でもいいかも知れませんが、しょっちゅうメイク直しもしていられないですよね。
ならば低刺激のSPF50を試してみてはいかがでしょうか。

  • キュレル UVローション SPF50+ PA+++
乾燥性敏感肌のためのブランドです。
http://item.rakuten.co.jp/hb-navi/002-1274434/
スポンサードリンク
  • 専科 / ミネラルウォーターでつくった UVジェル SPF50 PA+++
とにかく保湿力がすごいので、乾燥とは無縁でいられます。
http://item.rakuten.co.jp/soukai/4901872818952/

日焼け止めの選び方は成分をよく見よう!

顔を洗う女性の様子
日焼け止めを選ぶ判断材料として、日焼け止めの成分にも注目してみましょう。
成分として、主に紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。

<紫外線散乱剤>
成分の粒子が光を反射する力を利用して紫外線から肌を守ります。
メリットは肌への刺激が少ない事。
デメリットは汗に弱く、白浮きしてしまう事。
塗り心地はこってりしてます。

<紫外線吸収剤>
紫外線を吸収して熱エネルギーなどに変換する事で、紫外線が肌の細胞に浸透しないようにします。
メリットは白浮きせず、汗に強い事。散乱剤よりも紫外線に対する防御力が高い事。
デメリットは肌への刺激が多い事。
塗り心地はさらさらしてます。

日焼け止めの落とし方は?

いくら丹念に選んで自分に合った日焼け止めを使っていても、あることをしてしまうと肌荒れにまっしぐらです。
そう、日焼け止めが肌に残っていると乾燥やニキビ・黒ずみなどの肌トラブルの原因になるのです。
落とさず寝る!なんて事はどんなに疲れていてもやめましょう。

日焼け止めはそれぞれの製品によって、
・お湯で落ちるタイプ
・洗顔料や石鹸で落ちるタイプ
・クレンジングが必要なタイプ
・日焼け止め専用クレンジングが必要なタイプ
と、落とし方が異なります。

「SPFが低いから洗顔で落ちるよね」と思い込みはせず、必ず商品パッケージなどで落とし方を確認しましょう。

また、日焼け止めはどんなに低刺激なものでも肌の乾燥を招きます。
落とした後は、保湿を心がける事で肌への負担を減らせます。
お肌をいたわってあげてくださいね。

まとめ

新緑の中両手で頬を包む笑顔の女性
日焼け止めは紫外線からお肌を守ってくれる優秀なアイテムですが、深く考えずに使うと逆にお肌トラブルを招く可能性があります。
場所や時間に合った日焼け止めを使い分け、成分・正しい落とし方を知る事で、より効果的で安全に日焼け止めを使う事が出来ますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です