スイートポテト紫芋での作り方ハロウィン風アレンジは?

スポンサードリンク

白いお皿に盛りつけられた紫芋のスイートポテトとフォーク
紫色が強いので怪しい感じ満載で、ハロウィンのダークで可愛い感じにもぴったりですよ!

スポンサードリンク

スイートポテト紫芋での作り方

https://www.pixtastock.com/photo/10911379

<材料>
・紫芋 大1(400~500グラム程度)
・砂糖 大2
・バター(マーガリン可) 15グラム
・牛乳 大2
・黒ごま 適量

<作り方>
①紫芋を小さめにカットし、レンジで3分チン。一度取り出し裏返しにしてもう一度3分加熱する。(皮はすべて取ってください。)

②つぶせるくらい柔らかくなったらフォークやマッシャーでつぶす。全体がなめらかになるくらいで大丈夫です。

③芋が温かいうちに砂糖とバターを入れなじませる。

④砂糖とバターがなじんだら、牛乳を入れてさらになじませる。

⑤オーブンを200度に余熱。

⑥④を食べやすい大きさに形成し、黒ごまをトッピングする。

⑦200度に余熱したオーブンで10分焼いて完成。

今回はケーキ用のマーガリンを使用しました。

一口サイズで食べやすく、お子さんと一緒に楽しみながらつくれます♪

砂糖少なめでお芋本来の優しい甘みを感じられる、体に優しいおやつです☆

今回は入れていませんが、砂糖とバターがなじんだ後に卵黄を一個分入れて混ぜ合わせると、更になめらかな食感になって美味しいです。

スイートポテトをハロウィン風に

黒ごまを乗せないままのものも焼いて、いろいろなカラーのチョコペンでジャックオランタンの顔を描いたり、ハロウィンっぽいものを書いても美味しいです。
紫芋の独特の風味が苦手な方には、そちらをおすすめします。お子さんはその方が食べやすいと思います。

普通のサツマイモと紫芋の2種類でつくって、たくさん並べて色で楽しんでみてもいいですよ!

2種類のマーブル等も、ハロウィンの怪しい感じを出せて楽しいです!

スイートポテトアレンジは?

木のお皿に盛りつけられた紫芋タルト
楕円形に丸めて端と端を細くするとミニミニさつまいもになって、見た目にも楽しめるので、いろんな形をつくって楽しんでください。

牛乳をもう少し多めに入れてなめらかにし、タルトやパイ生地の中に詰めて、違う焼き菓子にもできます。

沢山おんなじのばっかり作っても食べきれないという方は、いろいろな種類のものを作ってハロウィン気分を盛り上げましょう♪

まとめ

画像でもわかるように、普通のサツマイモより繊維質なのでつぶしにくいですので、しっかり柔らかくしてからつぶすようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です