門松の飾り方 期間は?略式でもいい?輪飾りは?

1758151
実家にいたときは当たり前のようにご両親がしてくれていたことが、いざ自分が家庭を持つとどうやればいいのか?分からないことってたくさんあるものです。

その1つがお正月の準備ですが、門松って飾るべきなのでしょうか?

門松を飾る期間や略式、飾り方などをしきたりをふまえて知っておくといいですよ。

スポンサードリンク

門松の飾り方 期間は?

お正月飾りの1つである門松、これはいったいいつからいつまで飾るものなのでしょうか?

お正月準備をスタートする目安となる日があり、関東だと12月8日、関西は12月13日からです。

そして12月28日には終わらせるのが一般的です。

大抵の方が12月20日頃から飾り始めるのが多いようです。

ちなみに12月29日は「二重苦」といわれ、また月の内で最終の9がつく日「苦待つ」に通じるので、もし期間中に飾り忘れたとしてもその日は避け、12月30日に飾るようにしましょう。

そして地域にもよりますが1月7日頃まで飾り、後は小正月1月15日のどんど焼きの行事で天に返すとされています。

門松を飾る時期は、松の内という呼び方をし、神様に待ってもらっている期間という意味合いもあるそうですよ。

門松の飾り方 略式でもいい?

8984531
さて、次に飾り方ですが、まずは正式な門松の飾り方を知っておきましょう。

スポンサードリンク

門松とは、漢字の通り家の門や玄関に松の飾りを左右1対ずつを飾ります。

来る年の年神様を迎えるための目印となるようにという意味で各家に飾るのです。

そして正式な門松は、長さがそれぞれ違う3本の竹に松の木を束ねています。

そして、雄松・雌松で1対となっており、正面から見て左側に雄松を、右側に雌松を飾ります。

ただ、これだけの立派なものを飾るには、それ相応の門構えがないと格好もつきません。

そこで、最近では略式化された飾り方をするご家庭が増えているようです。

ミニ門松や、寄せ植え風の門松、また竹はなく、紅白の和紙で巻いて水引きをつけるという方法も主流となってきています。

略式にしても要は神様を迎える気持ちがあれば、そこまで気にすることはありません。

門松の飾り方 輪飾りは?

2060445
また、正式な門松に最終にかけられる輪飾りを、マンションなどの場合は略式の門松にかけてやると、お祝いの意味合いが出るということで大変重宝されています。

輪飾りは自分でデザインすることもできますよ。

また、水場の水道やお風呂、台所といったところに略式としてかける家庭もあり、金額も飾り方も手軽だということから最近では多くの家庭で取り入れられています。

まとめ

一軒家という形式から賃貸のアパートやマンションといった住宅環境に変わっていく中で、お正月を迎えるという気持ちや意味合いを大事にしながら、お正月の門松という伝統を取り入れていきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です