糖病病のフットケアの必要性とは?注意点は?足病変はなぜ起こる?

裸足で立つ両足の足首から下
糖尿病になると注意されるのが、フットケアです。

「足先なんて・・」と思われる方も少なくないのですが、糖尿病の場合、この足先のケア、フットケアがとても大切なのです。

フットケアを怠ってしまったがために、下肢切断になることも多いのです。

糖尿病の患者数が増えていますが、それとともに糖尿病が原因での下肢切断も増えているのです。

「私は血糖コントロールもいいから、大丈夫」とタカを括らずに、フットケアにも注意を払っていきましょう。

スポンサードリンク

糖尿病のフットケアの必要性

人差し指にばんそうこうが巻かれた左足
糖尿病の場合、合併症の神経障害や網膜症のために痛みなどの症状を感じにくく、足先の傷を見落としがちになってしまいます。

高血糖状態が続くと、白血球の一種の好中球の感染防御機能が低下してしまうため、感染しやすくなってしまいます。

また、足は心臓から遠いので、血行が悪くなりがちです。

これらの条件から、足先の傷は気づきにくいにも関わらず、悪化しやすい状況になってしまっているのです。

そのため、日々のフットケアによって、傷を防いでいくことが大切になってきます。

糖尿病のフットケアの注意点

フローリングの床に座ってフットケアをする女性の脚
まずは、足を清潔に保つことが大切です。

スポンサードリンク

石鹸をよく泡立てて、柔らかいスポンジやタオルで優しく洗って下さい。

洗った後はしっかりと水分を拭き取って下さい。

洗うとき、水分を拭き取るときも強くこすったりしないように注意して下さい。

そして、毎日足の隅々まで見て触って、傷がないか観察して下さい。

爪の切り方にも注意が必要です。

爪の角は「引っかかるから」と切り落としてしまいがちですが、深く切り落とさないようにして下さい。

そして深爪にも十分注意して下さい。

小さめの靴は、足先を傷つけたり、靴擦れの原因になります。

足に合った靴を選んで下さい。

素足でいると、知らないうちに足を傷つけてしまうことがあります。

靴下を履いて足を守って下さい。

湯たんぽや電気あんかを使用するときは、厚手のタオルにくるむなどして、火傷の予防に心がけましょう。

もし傷を作ってしまったら、自己処置は危険です。

小さな傷でも必ず主治医に相談して下さい。

糖尿病による足病変はなぜ起こる?

糖尿病の場合、高血糖によって動脈硬化がすすんでいきます。

この動脈硬化によって起こる病として、心筋梗塞や脳梗塞といった病気が知られています。

足の血管に動脈硬化が起これば、閉塞性動脈硬化症という病気になるのです。

心筋梗塞や脳梗塞に関しては注意を払っている方が多いと思いますが、閉塞性動脈硬化症についてはあまり意識されていない方が多いのです。

糖尿病の合併症のひとつ、糖尿病神経障害が進むと、足の感覚が鈍ってしまい、痛みやしびれも感じにくくなるのです。

そのため、小さな傷にも気づかず、気づいたときには大きな潰瘍になってしまっていたということになってしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?

糖尿病の場合のフットケアの重要性をわかっていただけましたか?

足先はなかなか目が届かず、忘れがちな場所です。

しかし、この足先の傷から大切な足を失いかねないことになってしまうことがあります。

常に意識していくことが足病変の予防になります。

また、足病変に意識があると血糖値も意識していくので、血糖コントロールも良好である場合が多いです。

小さな傷が命取りになりかねないのです。

毎日のフットケアを忘れないようにして下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です