糖尿病 運動の必要性とは?効果的なのは?注意点は?

新緑の中ジョギングをするミドル男性
糖尿病になったとき、まず始めるのが食事療法と運動療法です。

これは糖尿病になったときの大事な基本治療法なのです。

運動嫌いの人には耳の痛い話ですが、どうして糖尿病の治療に運動が必要なのでしょうか?

運動を行わないと、どのようなことが起こりやすくなってしまうのでしょうか?

ここでは運動の必要性と効果的な運動、注意点についてお伝えします。

スポンサードリンク

糖尿病 運動の必要性とは?

糖尿病の方は、比較的太り気味の方が多いです。

肥満予防のために運動するのかと思われがちですが、そうではないのです。

運動するときに使われるのが、身体の筋肉です。

この筋肉を動かすために必要なエネルギーが、ブドウ糖なのです。

運動することで、血液中のブドウ糖が筋肉に取り込まれ、エネルギーとして使われるので、血糖値が自然と下がってきます。

つまり、運動することで血糖コントロールを図ることが目的なのです。

また、継続した運動を行うことでインスリンの働きも向上して、血糖値も上がりにくくなります。

肥満も予防でき、インスリンの働きもよくなるので、糖尿病には運動が欠かせないものなのです。

運動の必要性がお分かりいただけたところで、糖尿病の人に効果的な運動をご紹介しましょう。

糖尿病の運動で効果的なのは?


「運動をすればいいのだから・・」といって、いきなり激しい運動をしても、疲労感を感じるだけで継続しようとは思わないのではないかと思います。

一番大切なことは、継続できる運動なのです。

スポンサードリンク

筋肉の疲労が少なく、運動を継続しやすい「有酸素運動」がおすすめです。

有酸素運動といえば、ウォーキングやジョギングをイメージされる方も多いと思います。

でも、これを毎日時間を決めてやろうと思うと、なかなか実行できないと思います。

通勤時に1駅前で降りて歩くなんて、できたらいいのですが、結構キツイですよね。

そこで、いつも使っているエスカレーターを階段にするなら、まだできそうですよね。

主婦の方なら、モップでの床掃除を雑巾に代えるのもおすすめです。

特別なことではなく、普段していることを少し遠回りしてやってみるだけで、結構な運動量になります。

また、雨の日は外に出かけたくはないですね。

そんなときは、ステップを使った踏み台昇降がおすすめです。

家の階段を使えば、好きなときに簡単にできます。

糖尿病で運動するときの注意点は?

ペットボトルの水で水分補給をするスポーツウェアのミドル女性
糖尿病の方が運動するときには、注意しなければいけない点があります。

それは運動する時間です。

食前の空腹時に行うと、低血糖になってしまうことがあります。

ですから、運動を行うのは食後30~60分経過した、血糖値が上がる時間帯がいいです。

特に外で運動する場合は、低血糖に備えて飴玉やスティックシュガーなどの糖分を持ち歩いて下さい。

また、運動すると汗をかいて、脱水状態になりやすいです。

運動中も、こまめに糖分のない水やお茶で水分補給することを忘れないで下さい。

まとめ

運動が苦手でも、日常の動作を少し変えるだけで有酸素運動ができます。

血糖コントロールのために運動を習慣にできるようこころがけてみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です