2歳でかるたが出来るようになる?遊び方は?おすすめは?

一面に敷かれたかるたの読み札と絵札
お正月の遊びといえば、「かるた」ですよね。

今では子供がやらなくなった?

と思いきや、小学校や学童で大会があったりと根強い人気のある遊びです。

かるたは知育玩具としても優秀で、かるたでひらがなを覚えたという子もいますね。

コツさえつかんでおけば、2歳だってちゃんとカルタがとれるようになりますよ。

スポンサードリンク

2歳でかるたが出来ちゃうの?

2歳も後半になると、おしゃべりもするし、そろそろ「ひらがな」を教えようかなというお母さんもいるかと思います。

わが子の場合、まずひらがなの絵本を与えてみたのですが、「し」とか「く」くらいであんまり覚えてくれませんでした。

ところがカルタをやりはじめると、みるみるわかる数が増えていってびっくりしたものです。

たぶん、体を動かして遊べて、たくさんほめられて楽しかったからどんどん吸収したのだと思います。

とられて泣いたりすることもありましたが、くやしい体験だって大事なことです。

家族一緒になって楽しく遊べば、2歳だってかるたが出来ちゃいますよ。

かるたの遊び方に一工夫?

2歳とかるたをやるときは、大きい子がやるように札をいっぱい並べなくたってOKです。

大人だって、全く知らないことをいきなりやれって言われたら戸惑いますよね。

食事と一緒で、かるたも最初は「離乳食からスタートしてじょじょに」でいいと思います。

初めは、自分の名前など知っている文字を3~4個使って、かるたごっこを楽しむのがいいですよ。

まず準備運動で、これは「あ」だよと順々に読み札を読んであげてから、スタートするのがおすすめです。

読み札の言葉が長くて難しそうなら「あ~。あひるの~」や「あ。あがつく、あひるの~」など最初をわかりやすく、ゆっくり読んであげると聞き取りやすいです。

男の子なら特に「僕が一番!」と競争したがる時期なので、7~8枚くらいとれるようになってきたら家族で対戦するのもいいですね。


スポンサードリンク

2歳のかるたにおすすめなのは?


2歳さんにカルタを買ってあげるときは、その子の好きなキャラクターのものを選んであげるのが一番だと思います。

書いてある絵が知っているものだと、絵で覚えて札をとれるので進みが早いです。

それから札に愛着がわくので、好きな札がとれた時にすごく喜びます。

読み札の言葉が多少長くたってへっちゃらです。

「赤い積み木を持ってきて」くらいのことができればできちゃいます。

二語文がまだの子であれば、このようなひらがなカードを使って「どこかな遊び」をするのがいいですよ。

カードをいくつか並べて「ネコさんはどこかな~」と探して遊びます。

絵の中からさがす「どこかな遊び」もいいですが、体も動かせるので天気が悪くて外で遊べないときにもおすすめです。

まとめ

2歳の子とかるたを遊ぶときのコツをご紹介してきました。

スモールステップの「できた~」の階段をどんどん登る感じで遊んであげるのが、ポイントかなと思います。

ひらがなは、看板などを見て「なんて読むの?」としつこく聞くようになってきた頃が教えどきだと思いますので、あせらずじっくり取り組んであげてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です