高血圧の人のお弁当作りのポイントは?オススメ食材は?コンビニ弁当は?

二段の弁当箱に詰められた手作りのお弁当
毎日のお弁当作りは、残り物や冷凍食品を活用しても、なかなか大変なものがあります。

高血圧を診断され、食事に注意されている方は、お弁当のメニューや味付けに頭を悩ませることが多いと思います。

ちょっと手抜きをしてコンビニ弁当にしようと思っても、塩分やカロリーが気になり、何を選べばいいか悩むこともあるのではないでしょうか?

今回、高血圧に気をつけながら、気軽に作ることのできるお弁当の参考にできることを、お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

高血圧の人のお弁当作りのポイントは?

木のテーブルに置かれたドライハーブとスパイス
高血圧の人のお弁当作りのポイントは、なんと言っても減塩です。

でも、お弁当は作りたてではなく時間をおいて食べるので、傷みにくさが重要になってきます。

そうなると、味付けを濃いめにすることになります。

保存と血圧は、相反することになってしまいます。

しかし、傷みにくく減塩にもなるお弁当を作ることもできるのです。

カレー粉、唐辛子などの香辛料、バジル、ローズマリーなどの香草を使うことで、惣菜が傷みにくくなるうえ、減塩につながります。

また、ポテトサラダなどマッシュして味付けするものは、混ぜ込むより上から味付けしたほうが減塩になります。

味付けの仕方にも一工夫するといいです。

高血圧の人のお弁当のオススメ食材は?

たくさんの野菜と果物が集められている様子
野菜をたっぷり摂ることがポイントです。

スポンサードリンク

根菜類から緑黄色野菜まで、食べる種類を多くしましょう。

玉ねぎの酢漬けを作り置きしておき、サラダや炒め物に活用するのも、便利な方法です。

また、果物もカリウムを多く含んでおり、血圧を下げる効果があるので、食後のデザートにあるといいです。

スイカやバナナをデザートにするといいですよ。

主食も、白米よりもビタミンミネラルを多く含む玄米や発芽玄米のほうがいいです。

お弁当と言えばおにぎりが定番ですが、おにぎりの具は塩分の多いものばかりですよね。

何を入れたらいいのか悩んでしまうと思いますので、おすすめの食材をいくつかご紹介します。

  • とろろ昆布
  • 大葉とゴマ

たらこや梅干しは、ほぐして混ぜると少量ですみます。

高血圧の人はコンビニ弁当はダメなの?

コンビニ弁当は、味が濃く、塩分や油分が高めになっています。

さらに野菜も少ないので、高血圧の人にはオススメできません。

しかし、お弁当を作る時間がなかったり、たまにはこってりとしたものを食べてみたいと思ったりすることもあると思います。

そんなときは、お弁当に表示されている塩分やカロリーを注意して見てみましょう。

できるだけ、それらが低いものを選びましょう。

そして、ソース類をかけるときは半分程度にしておきましょう。

それだけでも、結構な減塩効果があります。

コンビニ弁当は揚げ物が多く入っているので、できたらおにぎりと野菜サラダなどを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?高血圧の方のお弁当作りの参考になりましたか?

食事は毎日のことです。できるだけ健康的なものを口にしたいものです。

しかし、食事作りにばかり時間をかけることはできません。

簡単に気軽にできることを継続して、高血圧を克服できたらいいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です