風邪のときのお弁当はどうしたらいい?おかずは?レシピは?

シリコンカップの入った空のお弁当箱
大事な人が風邪をひいてしまっている日のお弁当、何を作ったらいいか悩みますね。

こんな日のおかずは何を用意してあげたらいいのでしょうか。

少しでも風邪によいものを・・・そう考えるあなたに、風邪の時のお弁当のレシピをご紹介しますね。

スポンサードリンク

風邪のときのお弁当はどうしたらいい?

布に包まれたお弁当を夫に渡す妻
風邪の日は、食欲がなかったり消化器官が弱っていたりします。

なるべく胃に負担のかからないお弁当の中身を考えなくてはなりません。

とはいえ、うどんやお粥など、冷めると美味しくいただくことのできない料理ではお弁当に入れることはできないですよね。

そこで、消化のよいおかずや、免疫力アップにつながるようなおかずを持たせてあげましょう。

注意したいのはなるべく油を使わない料理にすることです。

油は胃腸に負担がかかりますので揚げ物は避けましょう。

からだの温まる生姜を使ったメニューもよいです。

反対に、体を冷やすピーマンやナスを使ったおかずは不向きです。

栄養価の高いものを、と考えると思いますが、ほんとうに食欲がないときはほとんど食べられませんので、無理に食べてもらう必要はありません。

スポンサードリンク

少しづつでも食べられるおにぎりとスープ、噛む力がなくても食べやすいバナナなど持たせてあげましょう。

お弁当のおかず 風邪の日のおすすめは?

油をできるだけ使わない、おすすめのおかずを挙げてみました。

  • 高野豆腐の煮物
  • サツマイモのレモン煮
  • にんじんとツナのサラダ
  • ネギ入り生姜スープ
  • すりおろしレンコンスープ
  • おいなりさん
  • 炊き込みご飯
  • サンドイッチ
  • リンゴのはちみつ煮
食感は柔らかく、味付けは薄めにするとよいでしょう。

風邪のときのお弁当レシピがこちら!

お皿に盛られたさつまいものレモン煮
風邪の時におすすめのお弁当レシピが「さつまいものレモン煮」です。

鮮やかなイエローは見た目にも食欲をそそりますし、元気が出ます。

疲労回復や美肌効果もありますよ。

  • さつまいものレモン煮
<材料>
さつまいも 1本
砂糖 大さじ2杯
レモン汁 大さじ1杯
みりん 小さじ1杯
塩 少々

<作り方>
1、サツマイモを輪切りにして水にさらし、アク抜きします
2、サツマイモを鍋に入れて、かぶるくらいの水と調味料を入れて煮ます
3、沸騰後に蓋をして弱火にし、柔らかくなるまで煮ます

だいたい10~15分くらいで竹櫛がすっと通るくらい柔らかくなったら、火からおろしてそのまま冷ましてください。

味がしみこんでいきます。

まとめ

風邪の時のお弁当のポイントはつかめましたか。

「残していいんだからね」と一言添えてあげると、プレッシャーなくお弁当をもって出かけられそうです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です