黒と白 紫外線対策になる帽子の色は?UV帽子おすすめの選び方

スポンサードリンク

白い帽子をかぶって森林浴をする女性の後姿
春になると、いきなり日差しが強くなってきます。

幼稚園の送り迎えや子供の外遊びの付き添い、日陰にいても案外紫外線を浴びているとか。

紫外線を毎日浴びることで、肌が乾燥し肌荒れやしみ、しわのもとになってしまいます。

短い時間だからと思っても毎日のことですから、対策が必要ですね。

そのためにたくさんのUVカット機能がついた帽子が販売されていますが、実は使う色によっても紫外線をシャットアウト出来るんです。

いったいどんな色の帽子がいいのでしょうか?

スポンサードリンク

黒と白 紫外線対策になるのはどっち?

頬杖をついて微笑む黒い帽子をかぶった女性
手っ取り早く紫外線対策をするなら、帽子をかぶる事。

出かけるときに、ちょっとかぶればいいですからね。

しかしこの帽子、色によって紫外線対策の効果が違ってきます。

夏には涼しげに見える白、または薄い色合いのものを選びがちです。

でも紫外線対策のことを考えると、黒のような濃い色のものを選んだほうが良いようです。

  • 白は紫外線を反射する
  • 黒は紫外線を吸収する

なんだか反射する白のほうが効果がありそうですが、紫外線が肌に影響を与えるかどうかは紫外線の透過率をチェックしなくてはいけません。

この透過率、紫外線がどれだけその色を通して肌に当たっているかと言うことを指しています。

白の透過率は約20%、黒の透過率は約1.7%。

大きな違いです。

黒は紫外線を吸収して肌を守っているのです。

紫外線対策の帽子の色は何色がいいの?

紫外線の対策のみを考えると、黒い帽子が一番いいようです。

しかし私たちの髪の毛は黒、中には茶色に染めている人もいますが、基本的に黒に近い色。

そこに黒い帽子となると、全体が暗い感じになってしまいそうです。

それにいくら紫外線がカットできても、黒は熱を帯びて暑いですしね。

そこで注目を浴びているのがUV加工された帽子です。

いろいろな色で形もおしゃれなものも多いです。

UVカット加工がほどこされた帽子であれば、好きな色のものをかぶっても大丈夫!

白やベージュ、またストライプなど、好みに合わせて選ぶことが出来ます。


UV帽子でおすすめなのは?

つば広の帽子やサングラスなどの紫外線対策グッズを身に着けた女性の様子
帽子は頭にかぶるものですが、私たちが一番紫外線の対策をしたいと思っている箇所は顔やうなじなど、肌が出ているところですね。

UV帽子を選ぶときに、気をつけなくてはいけない事は何でしょうか。

  • 顔の紫外線ケアをしたいときには、つばも大きい帽子を選びましょう。

    顔全体、鎖骨まで陰になることでしっかりと紫外線から守ることができます。

  • 出来るだけしっかりとした生地のものを。

    厚めの生地のほうが紫外線をカットすることができます。

  • 暑い夏は、クール加工をほどこしたUVカット帽子を使って乗り切りましょう。

    UVカット帽子は、夏の暑さに対応できるようなクール加工されているものも販売されています。

    せっかくかぶっても、暑くてしょうがないというのはつらいですからね。

まとめ

紫外線って春先から夏だけでなく、実は冬でも肌に影響を与えています。

20代、30代では新陳代謝も早く、肌のターンオーバーも早いので、あまり気になりません。

しかし紫外線が怖いのは40代、50代となったときに、取れないしみやしわといった形で出てくるのです。

若いからと安心せずに、しっかりと紫外線対策をとりたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です