高血圧の薬をやめるとどうなる?内服以外の治療は必要?薬は続けるの?

スポンサードリンク

血圧計と内服薬
高血圧と言われ、内服治療を開始すると、あっという間に血圧が正常値に戻られる方もいます。

そうなると、「もう正常値になったから、薬なんて面倒だし飲まなくてもいいや」と勝手な自己判断で治療を中止してしまう方もいるのです。

これは、大きな間違いです。

急に治療をやめてしまうことで、血圧コントロールが不安定となってしまい、命を脅かす脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことになってしまうことにもなってしまうのです。

高血圧の治療は、どのようなことに注意していけばいいのでしょうか?

高血圧の内服治療をやめるとどうなるの?

顎に手を当てて悩む2人のミドル男性
血圧が正常値になったから、体調もよくなったから・・といって自己判断で薬をやめてしまうことは、非常に危険なことなのです。

薬のおかげで下がっていた血圧が、薬をやめてしまうことでまた上昇してしまい、生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

また、薬を飲むことをやめて1~2週間程度で、頭痛、吐き気、不安感、不眠などの中断症状も現れます。

これは、血圧が上がってくることによって起きてくる症状なのです。

痛みや苦痛を伴うものではありませんが、命に関わるほどの危険な症状です。

「これくらい大丈夫」などど思ってはいけません。

高血圧の内服以外の治療は必要なの?

高血圧の治療は、内服だけでOKというわけではありません。

薬と一緒に、食事や生活習慣に十分に気をつけていくことが大切なのです。

まずは、食事での塩分量です。

味噌汁や漬物を摂る習慣のある日本人は、世界的にみても塩分を摂り過ぎてる傾向にあります。

スポンサードリンク

高血圧の治療には、減塩を心がける必要があります。

また、ミネラル類をしっかりと摂るために、野菜類や海藻類をしっかりと食べることです。

アルコールも飲み過ぎないように注意しましょう。

運動不足も高血圧の要因となります。

ウォーキングやアクアサイズなどの有酸素運動を1日30分程度、週3~4回程度行うことが望ましいです。

喫煙の影響については明確にはなっていませんが、できれば禁煙することが好ましいです。

高血圧の治療を継続することの重要性

指さしをする白衣姿の笑顔の女性
食事や生活習慣に気をつけながら内服治療を続けていくことで、はじめて高血圧の治療となります。

どれかだけに注意していても、十分な治療効果が得られません。

毎日のことなので、厳密な制限をしてしまうと続けていくことを困難にしてしまいます。

毎日継続できる方法をご自身で考えていくことが大切です。

薄味の食事もいきなりきつい状態にしてしまうと、食事を楽しむことができません。

運動も、無理に行うと継続できません。

ご自身の生活に合わせたペースで食事や生活習慣の改善をしていくことが、治療の継続につながっていくと思います。

まとめ

いかがでしたか?

高血圧の薬を続けていくことの重要性を理解していただけましたか?

毎日の薬なので、面倒になってしまうこともあると思います。

ついうっかり飲み忘れてしまうこともあるでしょう。

でも、自己判断で勝手にやめることは、絶対にしないで下さい。

また、薬を飲んでいるからそれでいい・・と、暴飲暴食や不規則な生活を続けてしまわれる方もいます。

バランスがよく、塩分を控えた食事や規則正しい生活習慣があってはじめて、内服での治療の結果も得られてきます。

健康維持のため、薬だけに頼ることなく、生活習慣も改善していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です