ウエスト1センチで何キロぶん?お腹の肉をとるには?ウエストを部分痩せするには?

スポンサードリンク

メジャーでサイズを測っている女性のウエスト
なかなか落ちないお腹のお肉。

少しやせたかな、と思ってもウエストを測ってみると、それほど減っていなかったりしますよね。

ウエストと体重の関係について調べてみました。

スポンサードリンク

ウエスト1センチで何キロぶん?

ぜい肉をつまんでいる女性の腹部の様子
ウエストを1センチ減らすには、体重を1キロ減らすのが目安のようです。

体重を減らさなくてもウエストを細くする方法もありますが、一般的にはウエスト1センチで体重1キロを目安に考えれば、大きく外れてはいないと思います。

特に明確な資料があるわけではありませんが、多くの人の口コミを総合していくと、1キロで約1センチという数字が見えてきます。

経験からも言えることですが、体重が2キロ減った時にウエスト、へそ回り、ヒップを測ったところ、それぞれ2センチずつ細くなっていました。

自分の体感ではもっと細くなっているような気がしたのですが、測ってみると2センチ痩せたにすぎませんでした。

ウエスト、へそ回り、ヒップと全体的に肉が落ちたわけですので、体の感覚としては痩せたという実感はあり、洋服のラインなども多少は変わりました。

たかが2センチ、されど2センチ。

でも理想を言えば、あと10センチは細くなりたいです。

すると10キロも痩せなければならないのか、とおもうとかなりハードです。

お腹の肉だけを落とす方法ってないものでしょうか。

お腹の肉をとるには

お腹の肉はつきやすく落ちにくいそうです。

お腹だけの部分痩せは難しいと言われているんですね。

お腹痩せというと腹筋が思い浮かびますが、腹筋でお腹の肉を落とすことは出来ないという説もあります。

お腹の肉だけを落とすのではなく、身体全体を痩せさせて、その結果お腹の脂肪も落ちるということですね。

ですので、脂肪を燃焼させる有酸素運動や、体の中でも大きな筋肉、たとえば太ももを動かす運動を取り入れたほうが良いと言われています。

たとえばスクワットなどですね。

一方で、体重は変わらないけれど、お腹の肉をとることが出来たという人もいます。

その方法は、お腹をひねる動作を繰り返し毎日行うというものです。

腰を回したりひねったりする動作を一定時間繰り返すことで、ウエストを引き締めることが出来るようです。

この方法は継続しなければ結果が出ませんので、毎日の習慣にすることがポイントです。

コアリズムのような腰を動かすエクササイズも、お腹の肉を引き締めることが出来ます。


ウエストを部分痩せするには?

エステサロンでキャビテーションの施術を受けている女性の様子
実はもうひとつ、ウエストを部分痩せする方法があります。

部分痩せしにくいと言われているお腹の肉を撃退できるその方法は、キャビテーションという機械を使うものです。

キャビテーションは、超音波をあてて体内の脂肪を分解させることが出来るという夢のような技術です。

エステでも行っていますが、自宅でできる家庭用キャビテーションも売られています。

なかでもおすすめなのは、「ボニックプロ」というキャビテーションとEMSの機能がついたダイエット機器です。

ジェルをぬってお腹にあてるだけという簡単な操作で、狙った部位の脂肪をやっつけることができます。

比較的即効性のある方法なので、短期間で結果を出したい人にもおすすめです。

まとめ

お腹の肉をとる方法についてお伝えしました。

年齢とともにつきやすくなっていく脂肪、本当に嫌ですよね。

継続は力なりですから、あきらめずにトライしていきましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です