内祝い5万円のお返しはどうする?目上には?高額ギフトってなにがある?

スポンサードリンク

木のテーブルに置かれた一万円札5枚
頂いたお金が5万円だった場合、内祝いにはどんなお返しをしたらいいか悩んでしまうものですよね。

内祝いは半返しとよく言われますが、5万円の半分と言えば2万5千円。もし10万円なら5万円分のお返しをするということになります。

2万円以上のお返しのギフトって選ぶのが難しいですよね。

今回は、高額な内祝いのお返しについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

内祝い5万円のお返しは何を送ればいい?

重ねて置かれた何冊もの雑誌
結婚のお祝いやお見舞金などでお金を頂くと、その後に待っているのが内祝いのお返し。

何を送ればいいか、金額はどうしようか、頭を悩ませますよね。

5万円の半返しは2万5千円ですが、身内のかたならきっちり半返しでなく、2万円の内祝いでもよいと思います。

それにしても2万円のギフトとなると、かなり相手の嗜好を把握していないと品物選びが難しいですよね。

そんなときに良く選ばれているギフトをご紹介します。

それは、カタログギフトなんです。

カタログギフトは5万円、10万円など高額なものもそろっています。値段が上がると結構いい商品が選べたりしますよ。

旅行や食事にも使っていただくことが出来るので、要るかどうかわからないものを送るよりも、相手からも喜ばれます。

内祝い 目上のひとには?

カタログギフトや商品券を目上の方に送るのは失礼ではないか?と心配する人もいますよね。そのような声もとても多いです。実際のところはどうなのでしょうか。

カタログギフトの意識調査では、7割以上の人がカタログギフトを内祝いに送っても失礼ではないと答えています。

実用的で無駄にならないところが支持されているようです。

あまり好ましくないと考えている人は、金額がわかってしまうことや、気持ちや思いが伝わらない、と考えているようです。

年代が上の人ほどそう思っているのかな?と想像してしまいますが、実際は60代以上の方でも賛成派が7割くらいで、どの年代も平均して7割くらいの人はカタログギフトをもらうことに抵抗はないようでした。

特に目上の方の内祝いだからと言って、カタログギフトはNGと考える必要はなさそうです。

趣味の合わないものや好みでないものをもらうよりも、合理的ですものね。

特に失礼には当たりませんが、なかには嫌がる人もいるので送る相手を考えて選ぶようにしましょう。


内祝い 高額ギフトにはなにがある?

左上に斜めにかけられた赤いリボン
どうしてもカタログギフトはちょっと・・・という人のために、高額な内祝いのギフトを集めてみました。

  • 選べる体験ギフト
  • 食事券
  • 宿泊券
  • お酒
  • 毛布や布団セット
  • タオル

こうしてみると、あまり選択肢は多くないですね。

物を贈るとなるとタオルや布団になってしまいます。

バスタオルなんかは高級なものはそれなりに値が張りますし、自分ではなかなか買わないものなのでいいかもしれませんね。

まとめ

内祝い5万円のお返しについて考えてみました。

カタログギフトはいい選択ではないかと思いますが、いかがでしょうか。

ただし、お祝いや内祝いについては家独自のルールや地域性もあるので、周りの人に聞いてみることも忘れないでください。

ローカルルールがある場合には、それに倣った方が良いですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です