ちらし寿司の具を煮る!具材の作り方レシピとアレンジについて!

いくらやマグロなどの乗ったちらし寿司
ちらし寿司の具を煮て作り置きしておくと、調理が便利ですよね。

今回は、ちらし寿司や五目ずしの具を煮るレシピをご紹介します。

作り置きしておくと、炊き込みご飯やうどんのトッピングにもできて便利です。

覚えておいて損はないですよ!

スポンサードリンク

ちらし寿司の具を煮る!レシピがこちら

寿司桶に酢飯とちらし寿司の具材が入っている様子
ちらし寿司というと上に乗せる具ばかり注目してしまいますが、ご飯に混ぜる具も大事!

早速レシピをご紹介します。

まずは材料がこちら!2人分の分量です。

  • 材料
・人参 1/3本
・干し椎茸 1枚
・蓮根 20グラム
・油揚げ 1/3枚

  • 調味料

・だし汁 70CC
・砂糖 小さじ2
・酒 小さじ1
・醤油 大さじ1
・みりん 小さじ2
・白だし 少々

ちらし寿司の具材の作り方

1、材料の下ごしらえをします。

干し椎茸・・・水でもどしておく
蓮根・・・薄く切って水にさらしてアクを抜く

2、材料を切りましょう。

人参・・・半月にして薄切り
油揚げ・・・短冊切り
椎茸・・・軸を切り落として薄切り

3、調味料を合わせます。

鍋に調味料を測っていれます。
全部の調味料を入れてOK。

4、具材を煮ます。

調味料の中に蓮根以外の具材をすべて入れてください。
中火で煮汁がなくなるまで煮てください。

蓮根は、生のままでシャキシャキした食感を楽しむことができます。

お好みで他の具材と一緒に似てもOKですよ。

ここまで具材を作っておけば、ちらし寿司を作る当日が楽ちんになります。

ご飯に混ぜて飾りの具材をのせれば完成です!

ちらし寿司ってひな祭りやお祝い事など、何かイベントごとがある日に作ることが多いと思います。

おもてなしだったりすると他の献立の調理も大変ですから、ちらし寿司の具をあらかじめ煮ておくととても便利ですよ!

多めに作っておけば、炊き込みご飯の具にしたり、けんちん汁の具にしたりして使いまわせます。うどんにのせても美味しいです。


ちらし寿司の具 アレンジもできます!

人参と切り干し大根の煮物
ちらし寿司に混ぜる具をあらかじめ煮ておくと、とっても便利!

他にも煮ておける具材があるのでご紹介しますね。

  • 高野豆腐

高野豆腐をお出汁で煮て薄切りにしたものも、具材として美味しいですよ!

  • 切り干し大根

なんと切り干し大根もちらし寿司の具になります。人参や油揚げと一緒に切り干し大根を煮れば、そのままちらし寿司の具にもなっちゃうんです。

  • ちくわ

ご紹介したレシピにちくわを追加してもグッドです。

  • たけのこの水煮

たけのこも食感がアクセントになって美味しいです。

  • かんぴょう

かんぴょうってなかなか扱ったことがない人も多いのではないでしょうか。最後にかんぴょうの煮方をご紹介しますね。

かんぴょうの煮物の作り方

かんぴょうは最初に水洗いをします。塩を振ってもみ洗いをするとあくが抜けて、かんぴょうが白くなりますので、しっかりと水気を切ってからダシで煮ます。

味付けは砂糖、醤油、みりんです。落し蓋をして柔らかくなるまで煮ればOKですよ。

丁寧に作る場合は、塩でもみ洗いをした後に一度たっぷりのお湯で下茹でし、再度もみ洗いをしてあげます。

まとめ

ちらし寿司の具を煮るレシピをご紹介しました。

作り置きすると、色々な料理にアレンジできて一石二鳥ですよ。

美味しいちらし寿司を作ってくださいね。

スポンサードリンク

コメント