電気毛布の電気代を比較 1日いくら?こたつの半分って本当?

スポンサードリンク


ひとり暮らしで初めての冬…。そろそろ暖房器具を買わなければ…。

寒くなってからでは遅いし、ひとり暮らしで寂しいうえに寒いときたら心も体も冷え冷えで滅入ってしまう。

快適な冬を過ごすためにどのような暖房器具が適切なのか、身体にも快適、懐にも優しいそんな暖房器具を教えて!そんな声にお答えします!

電気毛布の電気代を比較

暖房と言って思いつくものをリストアップしてみましょう。

エアコン、ファンヒーター、オイルヒーター、電気ストーブ、こたつ、ホットカーペット、電気毛布、電気ひざ掛け…くらいでしょうか。

すでにアパートには設備としてついているエアコンはあるけど、迂闊につけて電気代の請求書をみてびっくり!なんてことになったら怖いのでつけるのはちゃんと調査してからにするとして…、他はどれを検討しようか…。

まず、オイルヒーターはひとり暮らしでは非効率で本体自体も高いので取りあえずは検討外。

またファンヒーターもひとり暮らしで灯油を買いに行くなんて面倒なことはしたくないので除外。

残る電気ストーブ、こたつ、ホットカーペット、電気毛布のどれかかな…

では、エアコンも含めて電気代を比較してみましょう。

1時間使用した場合のそれぞれの電気代(※( )は消費電力の数値)
・エアコン:3.4円~38.4円(135Wh~1485Wh)
・電気ストーブ:25.6円(00Wh/700Wh/1200Wh切り替え式(8畳向け)として)
・こたつ:2円~5.1円(弱運転時80Wh、強運転時200Wh)
・ホットカーペット(2畳用):5.8円~8円(225Wh~311Wh)
・電気毛布(シングルサイズ敷き用):0.07円~0.8円(弱3Wh~強31Wh)
・電気ブランケット・ひざかけ:1.4円(55Wh(表面温度37℃設定)として)
という調査結果がでました。

やはりエアコンは高いですね。

電気ストーブも案外電気を食うのですね。

ここで圧倒的な安さを誇っているのは、な、な、なんと電気毛布!!

0.8円って1時間つけて1円もしないの?!

これは注目すべき暖房アイテムですね!

電気毛布の電気代は1日いくら?

では、その電気毛布、1日使っていくらなの?と聞くまでもなく計算できたのではないでしょうか?電気代を気にするコストではないので、安心して使えますね。

スポンサードリンク

8時間使っても6.4円、1日中つけていても19.2円です!!

因みに電気毛布の消費電力ですが、メーカーによって違いはあるものの

・強(52度くらい)31Wh
・中(36度くらい)18Wh
・弱(20度くらい)3Wh

となっています。強弱によって電気代は変わってきますが、気にするほどの金額ではなさそうですね。

電気毛布の電気代はこたつの半分?

3091927
でも冬といえば「こたつ」ですよね。実家から送ってきたみかんを食べながらこたつでうたた寝することほど気持ちのいいものはありません。なのでこたつは捨てがたいアイテムなんですが…実家でならこたつもOK!

しかし、ひとり暮らしとなると、コスト面も見過ごすわけにはいきません。

そうです。こたつの代わりに「電気毛布」を活用してみるのもいいかもです。

それには、少しコツがいります。

(コツというより注意点)

まず、こたつの代わりに使う場合は電気毛布は2枚用意しましょう。

なぜなら、電気毛布を全身に包み込めばポカポカで暖かいからです。

上に羽織る1枚と足に巻く1枚の2枚で全身包みましょう。

その時の注意点は、薄着の上には羽織らないこと!

なぜなら直接羽織ると関節や骨の具合が悪くなるからです。

対策としてタオルケットを羽織ってその上に電気毛布を羽織るか、または厚着の上から羽織ると問題はないようです。

こたつは一度入ってしまうとそこから抜け出すのに勇気がいります(出たくないですよね…)が、電気毛布を包んでいれば多少ウロウロしても電源コードが届く範囲内ならOKですしね。

どうしても寒いようならエアコンと併用して使うのも賢い方法ですね。

まとめ


いかがでしたか?意外にも安過ぎる電気毛布に驚きです。

ひとり暮らしの強い味方ってわけですね。

コストパフォーマンスもいい「電気毛布」はこの冬、見過ごせないアイテムです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です