お歳暮のお返しとお礼状は?メールでもいい?例文は?


もうそろそろお歳暮のことを考える時期が来ましたね。

日本では一年の盆と暮れに、日頃の感謝の気持ちや健康を気遣う気持ちなどを物に託して伝える習慣があります。

それがお中元やお歳暮です。

お歳暮が送られてきた場合、お礼はどうすればいいのでしょうか?

またお礼状は出すべきか?メールでもいいのか?

今回は新婚さん、もしくは結婚してあまり年数が経っておらず、義理の兄弟や親戚からのお歳暮を頂いた場合どうするか…に焦点をあててお歳暮のお礼に関する情報をご紹介いたします!

スポンサードリンク

お歳暮のお返しとお礼状は?

お歳暮を頂いたらとても嬉しいもの。

でも、これってお返しが必要なのでは?

と考える方もいらっしゃるかと思います。

お歳暮は、贈る側が、贈る人に対して、日ごろの感謝の気持ちとまた今後ともよろしくお願いしますという願いを込めて、人間関係を良好に保つために贈るものです。

なので、受け取った側が、さらにお礼としての物品を返す必要はありません。

といっても、贈った側にしてみたら、品物がきちんと届いたかどうか気になるものです。

また、贈った品が気に入ってもらえたかどうかも気になっています。

受け取ったら時間をおかず、相手に連絡をするのが礼儀です。

受け取って音沙汰なしでは、お歳暮の本来の意味を果たせず、かえって人間関係を悪くすることになります。

ここで重要なのが、お礼状を出すのに時間をおかないことです。

「出すべきところへ手紙を出さないのは、まずい手紙よりずっといけない。」と言われます。

キチンとした手紙を書こうと何枚も反故にして結局タイミングを逸して出さずじまいにしてしまうことが意外に多いのですが、まずは、相手にお礼の意を伝えることが先決です。

お礼状を出すのに、本来の礼儀から言えば、目上へのあらたまった礼状は封書にすべきです。

しかし、誰に見られてもかまわない礼状ならはがきで十分です。

ポイントは出すタイミングです。

封書にして改まった文言にこだわりすぎて悩みに悩み、結果出さずじまいや時期が経ったお礼状では非礼だけが相手に届くことになります。

それよりも、はがきですぐにお礼の気持ちを届ける方がどれだけ礼儀にかなっているかは言うまでもないでしょう。

スポンサードリンク

お歳暮のお礼状はメールでもいい?


最近はインターネットを介してのメールやSNSが主流となってきました。

ならば、お礼もメールでいいのでは?

もちろん、大丈夫です。

しかし、念頭においておかないといけないのは、メールはあくまでも「とりあえず」の手段だということ。

親しい上下関係のない間柄であれば、メールや電話で済ませても大丈夫でしょう。

しかし、目上の人やビジネス面では、メールだけでは失礼に感じられることがあります。

メールや電話は略式であり、本来はお礼状を出すのが正式なマナーであるとの認識をもっておきましょう。

お歳暮のお礼状の例文は?


例えば、義理の両親からお歳暮が贈られてきた場合のお礼状の文例です。

早いもので、今年も残すところあとわずかとなってしまいましたが、皆様にはお変わりもなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

先日はお歳暮を贈っていただき、ありがとうございました。

果汁100%のフレッシュなジュースの味わいに子どもたちはとても喜んでおります。

ジュースを飲む子どもたちの姿を撮った写真を同封しますね。

とってもいい笑顔で写っていますでしょう?

また我が家に遊びにいらして下さい。

これから厳しい寒さになります、どうかお体を大切になさって下さいますように。

まずは、お礼まで。

平成○○年○月○日かしこ
※かしこは女性のみ使用することができます。

よく、マナー本をそのまま引用する方がいらっしゃいますが、いかにもマナー本丸写しといった手紙は心が伝わらないどころか滑稽でもあります。

自分なりの言葉に置き換えて書くようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

あまり形式にとらわれ過ぎて、お礼を出すタイミングを逸することがないようお礼の気持ちはすぐに伝えましょう。

メールや電話ですぐに伝え、その後、はがきでもいいのでお礼状を出すようにしましょう。

手紙1枚が「出来る奥さん」かどうかの境目ですね!

スポンサードリンク

コメント