のしはお年賀 お年始どっち?いつまで書くの?実家にはつける?

スポンサードリンク

12484224
年始のご挨拶用に手土産を選ぶ際、店員さんに「おのしはどうなさいますか?」と聞かれて返答に困った経験はありませんか?

店員さんの知識もあやふやだったりすると、ますます判断に困ってしまいますよね。

のしはつけたほうがいいの?

お年賀?お年始?どちらを書くの?

三が日を過ぎてからの訪問の場合は、のしはどうしたらいいの?

迷うことなくお年賀が用意できるように、参考になさってください。

のしはお年賀 お年始?どちらを書くの?

12798160
お年賀も、お年始もどちらも正しく思え混乱しそうですが、正しくはお年始のご挨拶の際に直接持参するご挨拶の品物をお年賀といいます。

ですからのしに書くのは、「お年賀」が正解です。

お年賀のご挨拶に直接伺えないので、その気持をお手紙にしたものが「お年賀状」です。

もし、お年賀かお年始か迷った時には、年始のご挨拶に持参する品物の代わりのお年賀状とおぼえておけば、間違うことなく、「お年賀」と思い出せますね。

スポンサードリンク

のしにお年賀といつまで書いてもいいの?

お正月の三が日の間に、お年始のご挨拶に伺う時にお年賀を持参するのが正式な年始のご挨拶ですが、三が日の間に伺えない場合や、会社などでは3日以降がお正月明けの初めての出勤というところが多いと思いますので、松の内の間は「お年賀」というのしでご挨拶に伺っても大丈夫でしょう。

(松の内関東では1月7日まで。関西では1月15日までと言われています。)

松の内を過ぎてからの年始のご挨拶は「お年賀」ではなく「寒中見舞い」に変わります。

お年賀は実家用にものしをつけるの?

ご夫婦お互いのご実家へ年始のご挨拶に伺う際、「親しき仲にも礼儀あり」といいますから、やはりお年賀の品物は持参して行くべきではないかと思います。

ご実家の親御さんもお正月のお料理を用意してくださっているでしょうから、お酒が好きなお父さんにはお酒を、お酒を飲まないお母さんにはその場で皆で食べられる食後のデザート用のケーキなどを持参すると喜ばれると思います。

実家に持っていくおみやげでものしはつけたほうがいいのかしら?

と考えてしまうところですが、お酒にはお年賀ののしをつけていただき、デザート用のケーキはのしはなくてもいいかもしれません。

さり気なく「お年賀」ののしをつけてご挨拶に行くことで、きちんとしたことができる娘の姿にホッとする実母への親孝行と、きちんとしたことができる嫁を義母にアピールするいい機会にもなりますよね。

まとめ

14269818
いかがでしたか?

日本のお正月に関する風習は、知っていそうできちんと知らないことが多いかもしれませんね。

今一度、自分の認識を見直すことで自信を持って店員さんに「のし」をお願いできそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です