インフルエンザの症状が軽いのは予防接種のおかげ?B型?タミフルは?

スポンサードリンク


「気のせいか体がだるい気がするし熱もある気がするけどただの風邪かな」そう判断して病院に行かないのは危険です。

インフルエンザは、高熱が出たり体の節々が痛くなったりと、明らかなインフルエンザの症状が出る場合だけではないのです。

言い換えると、症状が軽くてもインフルエンザに感染している場合があるのです。

これから紹介する中で思い当たるところがあれば、すぐに医療機関を受診することをおすすめします。

インフルエンザの症状が軽いのは予防接種のおかげ?


インフルエンザではない気がすると思っている理由のひとつに、予防接種を受けているからということはありませんか。

実は予防接種を受けていても、残念ながらインフルエンザに感染してしまうことがあるのです。

インフルエンザの予防接種は、重症化するのを防ぐ目的で接種するものなので、予防接種していてもインフルエンザには感染します。

したがって、インフルエンザの予防接種を受けていたから風邪程度の軽い症状で済んでいる可能性はあります。

インフルエンザの症状が軽いのはB型に感染しているから?

予防接種を受けていること以外で、インフルエンザかもしれないが症状が軽い場合に考えられることは、インフルエンザのB型に感染しているからかもしれません。

インフルエンザの特徴的な症状とされている、40度近く高熱が出たり体の節々が痛くなったりする症状は、インフルエンザのA型に感染した場合の症状です。

スポンサードリンク

B型の症状は、平熱あるいは微熱程度の熱が出たり体がだるかったりというような比較的軽い症状であることが多いのです。

また風邪程度の軽い症状に加えて、消化器系の不調が見られる場合にはインフルエンザのB型の感染を疑ったほうがよいでしょう。

インフルエンザのB型の特徴として消化器系の不調があげられるからです。

このようにA型とB型で症状の出方が変わってくるので、症状が軽いからただの風邪と安易に判断することはできないのです。

インフルエンザの症状が軽い場合もタミフルを処方してくれるの?


インフルエンザに感染したらタミフルを飲んで治すというイメージがあると思います。

そのため、症状が軽くてもインフルエンザと診断されたらタミフルを処方してもらうことは可能です。

しかしタミフルを服用して効果があるとされるのは、インフルエンザを発症してから48時間以内に服用した場合です。

医療機関を受診しようか悩んでいるうちに48時間経過してしまっていたら、残念ながらタミフルの処方はしてもらえないので、あと数日体のだるさと戦わなくてはいけません。

まとめ

インフルエンザを発症して48時間以内ならタミフルを処方してもらえるので、早い段階で体の不調から開放されます。

また、病院でインフルエンザと診断されれば会社や学校を休まなくてはいけないため、周りの人にインフルエンザをまき散らさずに済みます。

自分のためにも周りの人のためにも、少しでもインフルエンザかもと思ったらすぐに医療機関を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です