花粉症の薬の副作用で眠気が来るのはなぜ?吐き気は?副作用の少ないものは?

スポンサードリンク

花粉症で鼻水をかむ女性の様子
花粉症の症状はつらく、一日でも、一分でもはやく改善したいものですよね。

しかし同時に「眠くなる」などの副作用も困りものです。

できるだけ副作用がなく、花粉症を改善してくれるお薬はないものでしょうか?

花粉症の副作用の原因と、対策に迫ります。

スポンサードリンク

花粉症の薬の副作用で眠気が来るのはなぜ?

眠そうな女性の様子
花粉症の薬で効くと言われるものを服用すると、眠たくなるのはなぜでしょうか?

その原因は、「抗ヒスタミン薬」にありました。

アレルギーを引き起こす要因となる物質はヒスタミンと言われれるものですが、同時に脳内を活性させてくれる重要な役割も担った物質です。

そのヒスタミンをやっつけるために抗ヒスタミン薬を用います。

抗ヒスタミン薬を服用することによって、血流に乗って脳内に薬剤が移動します。

そして、脳のヒスタミン作用を阻害して、アレルギー反応を鈍らせようとします。

これによって脳の働きが抑制され「眠くなる」という副作用が現れるのです。

しかし、厳密にいうと、脳の働きを抑制したのであって、イコール眠くなるのではなく、脳の判断や思考などの能率を低下させたということなのです。

どんな状態かというと、例をあげれば、アルコールを飲んだ時を想像してみるとわかりやすいでしょう。

アルコールを飲むと、自動車の運転などに支障をきたすことがありますが、それは眠くなるからという理由だとは限りません。

判断能力が低下するためブレーキ操作を誤ったり自覚がないままの運転となってしまうのです。

これらの脳の効率低下の事をインペアードパフォーマンスとよんでいます。

つまり、アレルギーの原因であるヒスタミンを阻止しようと、抗ヒスタミン薬を服用し、アレルギー症状を阻止させる。

同時にヒスタミンは脳を活性させる効果があるので、それを阻害し、脳を働きを抑制してしまうので、「眠い」という症状が現れる。

しかし、厳密には脳の働きが鈍くなっただけで、それを眠くなったと感じているだけだということですね。

花粉症の薬の副作用で吐き気が起こる?

花粉症の薬を服用すると、吐き気や胃痛を感じる人もいます。

スポンサードリンク

それはどうしてでしょう。

実際は、原因は花粉症の薬ではなく、花粉症自体にあるようです。

花粉症の症状は、鼻や目の粘膜に花粉が付くことで起こるアレルギー反応です。

胃も粘膜で覆われているため、吸い込んだ花粉が胃に届いたときに胃痛が起こることもあるようです。

鼻水、目のかゆみの症状と同じで、胃痛が出ている可能性があるということです。

一般的な花粉症の症状である鼻水、目のかゆみがないのに、胃痛や吐き気だけが出るという人もいるようです。

なので、胃痛がして胃薬を飲むが治らないという方は、花粉症の薬を飲むと症状が治まるという場合もあるようです。

それは、アレルギー反応が治まって楽になるからです。

しかし、本当に薬の副作用で胃痛や吐き気がする場合もあります。

花粉症の薬の主な副作用は眠気と口の渇きですが、まれに胃痛などの胃腸障害が副作用として表れる薬があるので、注意が必要です。

花粉症の薬の副作用が少ないものは?

机の上に置かれた白い錠剤の様子
花粉症を治したいのはやまやまですが、同時に起こる副作用も心配ですね。

できるだけ、副作用が少ないものを選んで服用したいのですが、それによって効果も半減してしまうというのでは、薬を服用する意味がありません。

ひとりひとりの症状はさまざまですので、ひどい花粉症の場合、多少の副作用は我慢するから少しでもきちんと症状を緩和したいと思うのか、仕事や勉強に眠くなっては支障をきたすので、症状を緩和しながら眠くならないものを選ぶのかはその人によって違ってきます。

では、花粉症の薬で眠気の少ないおすすめのお薬は?

というと、「アレグラ」「クラリチン」というお薬です。

花粉症のお薬を分類する上で「鎮静度」という眠くなりやすい度合いを示したものがあります。

「鎮静性」…一番眠くなりやすいお薬。

「軽度鎮静性」…「鎮静性」の次に眠くなりやすいお薬。

「非鎮静性」…3つの中でも一番眠くなる副作用が出にくいお薬。

この「非鎮静性」に分類されるお薬の中でも、アレグラとクラリチンの添付文書には自動車運転注意書きがありません。

つまり、副作用である眠気が出にくいお薬ということですから、眠気に悩まれている花粉症の方には最適なお薬なのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?つらい花粉症、かかった人でないとこの苦痛はわかりません。

一刻も早く、自分に合ったお薬を見つけることを願います。

症状に合わせて眠くなるレベルの数字を比較してお薬選びをしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です