ひな祭り お祝い姪に必要?相場は?お金じゃなくてもいい?

スポンサードリンク

お雛様の前で笑顔を見せる両親と女の子の様子
かわいい姪っ子の誕生日もそうですが、初節句となると、祖父母や親せきの方も集まって賑やかにお祝いするものですよね。

自分の姉妹の子供となると何かお祝いした方がいいのか悩みますよね。

今回は、姪っ子の初節句のお祝いについてご紹介しましょう。

スポンサードリンク

ひな祭り お祝いは姪に必要?

初節句となるとお祝いが行われるものですが、あまりにも大人数を呼ぶわけにもいかないということもあり、自分が呼ばれなかった時、お祝いってした方がいいのかな?って悩みますよね。

私も行きたかったのにという気持ちはあるでしょうが、そこは人数の問題や様々な大人の問題があるのでしょう。

そこはさておき、やはりお祝い事ですから、あなたからもしてあげた方がいいでしょう。

こういったお祝い事はまた自分にも返ってきますし、付き合いは大事にしたいものです。

ひな祭り お祝いの相場はどのぐらい?

お祝いと書かれたのし袋と桜の花
さて、姪の初節句の相場ってどの程度のものなのでしょうか?

これは、関係性によって金額が異なっているようです。

姪の場合は、3000円~10,000円の間の金額を渡す方が多いようです。

もしご兄弟や姉妹がいらっしゃるようであれば、金額を合わせておいた方がいいですよ。

スポンサードリンク

また、お祝いをするかしないかも合わせておいた方が無難です。

あなたはしたいのに、お兄さんはしないという場合、無理強いする必要はありません。

しかし、声をかけていないと後から、何故言ってくれなかったんだということにもなりかねませんよね。

金額に関しては、気持ちが一番大事なので、この金額でないといけないということはありませんので参考程度で捉えてください。

また、お祝いは遅くとも10日ほど前まで、マナーとしては2~3カ月前から渡すのが一般的とされていますが、それはお雛様をケースで送っていた昔の話。

お雛様を飾り始める1か月前ごろまでにお届けするとよいですよ。

ひな祭り お祝いはお金じゃなくてもいい?

お祝いののしが掛けられた贈り物と桃の花
もらう相手からすると自由に使えるお金の方がありがたいだろうと考える考え方もありますが、お祝いはお金である必要はありません。

お金を渡すのはなんだか味気ないなと感じる方もおられるでしょう。

喜ばれるプレゼントとしては、お子さんのおもちゃや衣類といったものがいいでしょう。

服は何枚あっても困りませんし、女の子であればかわいらしくおしゃれさせたいですよね。

あなたの姉妹であれば気兼ねがないので、お祝いに何の品がいいか?というのを聞いてあげるのもいいでしょう。

まとめ

今回は、姪っ子の初節句のお祝いについてご紹介しました。

お祝いをする場合の金額的な相場、お祝い金を渡すタイミング、プレゼントなど、マナーとして知っておきたいことばかりですので是非覚えておいてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です