ペットボトル加湿器のメリットは?スチーム式はどう?手作りできる?

スポンサードリンク

ミストを出す加湿器の様子
乾燥はお肌の敵ですよね。また、風邪予防のためにも一定の湿度は大切です。

乾燥対策に役立つのが加湿器!最近では多くの種類の加湿器がありますよね。

中でも手頃な価格で、気軽に使えるのがペットボトルタイプの加湿器です。

スポンサードリンク

ペットボトル加湿器のメリットデメリットは?

ペットボトル加湿器は名の通り、タンクの代わりにペットボトルを挿して使う加湿器です。

使用するペットボトルは基本的に500mlのものなので、場所を取らずコンパクトなのが特徴です。

メリットとしては、
・タンクの掃除が不要で、汚れたら新しいペットボトルに交換すればいいので、いつも清潔
・一般的な加湿器に比べ、価格が安い(2000円程度で購入できる)
・コンパクトで持ち運びしやすい

デメリットとしては、
・水がすぐになくなるため長時間使用できない(約3時間程度)
・加湿の範囲が狭い
・壊れやすい

などが挙げられます。

自宅やオフィスのデスク周りなど、狭い範囲で短時間使うには最適だと思います。

ペットボトル加湿器超音波式とスチーム式の違いとは?

ペットボトルタイプの加湿器には主に2つの種類があります。

超音波式スチーム式です。

それぞれの特徴は以下の通りです。

<超音波式>
・イメージとしては水を霧吹きしているようなもの
・電気代が安い
・水道水に含まれる「カルキ」や「カルシウム」が空気中に放出されるため、家電や家具が白くなる可能性がある

<スチーム式>
・イメージとしては沸騰したポットのふたをあけているようなもの
・超音波式に比べ、電気代が高い
・水を沸騰させて蒸気を発生させるため、衛生的
・熱い湯気がでるので注意が必要

それぞれのメリット、デメリットを理解した上で選びましょう。

ペットボトルで加湿器を手作りできる?

水の入った透明なペットボトル
中には、ペットボトル加湿器を自作している人もいるようです。

作り方はとっても簡単!

ペットボトルとコーヒーフィルターを用意し、花瓶に見立て、カットしたペットボトルに、水とジャバラに折ったコーヒーフィルターを入れるだけです。

また、きれいに洗った十円玉を入れておくと、銅イオン効果で雑菌の増加を防ぐことができます。

まとめ

50度を指し示す湿度計
室内で快適な湿度は40~60%と言われています。

40%以下になると目や肌などの乾燥を感じるだけでなく、インフルエンザが長期間生存したりします。

反対に60%以上になるとダニやカビが発生する危険があります。

40~60%の湿度を保つためにも、まずは湿度計で管理することが大事です。

今回、ペットボトル加湿器と自作の加湿器についてかきましたが、機械のものと自然のものとをうまく組み合わせることが、快適な湿度環境作りのポイントではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です